エピソードカテゴリー
WATER-HEROES

2017/05/17/

水泳がつないでくれた出会い


左から二番目がIさん

M.I
職業 会社員、公認スポーツプログラマー、パーソナルトレーナー(兼業)
平日は、会社員として勤務。土日の休日は、子どものパーソナル指導をメインに水泳指導を行っている。現在では、大人向けのパーソナル指導や教室指導も行う。

親の反対を押し切って進んだ水泳の道

幼いころ、父が医者、母が看護師という家庭に生まれ、毎日のように塾と習い事の毎日でした。
月曜日から土曜日まで、ほとんどが塾で、水曜日だけ水泳という日々を送っていました。勉強をしていても楽しくなく、父の職場にいっても医者になりたいと思うことがなく、なんとなく水泳を続けていたときに、二つ下のスイミングの後輩がジュニア五輪で優勝。その姿に感動して「俺も水泳選手になる!」と決めて、塾をやめてしまいました。そしてそのまま選手コースに入ったのが、小学5年生のときでした。

父親は大激怒し、大学を卒業するまで口を利かない結果になりました。水泳選手としての生活は順調で、小学生の時には市内の大会で優勝し。50M自由形では中学時代は、市内の大会では自由形で3連覇、200M個人メドレーでは、大阪府中学で10位。地区大会でも上位入賞し、全国大会までは出られませんでしたが、関西の大きな大会には出場しました。50M自由形で10位で決勝に残れなかったのが本当に悔しかった出来事でした。

2017/04/07/

ぼくにとって一番好きなこと

川島朝陽 Asahi Kawashima 12歳
小6(4月から中学1年)
ルネサンス両国所属選手
小3で初の全国大会出場
小5で 200m個人メドレー全国優勝・50m平泳ぎ全国2位・メドレーリレー全国3位
今年2月にフリーリレー(ルネサンス両国チーム)短水路日本学童新記録樹立

好きだから、もっと挑戦したい

ぼくが1番好きなことは水泳です。姉が水泳をやっていて楽しそうだと思ったので、家の近くのスイミングクラブに入りました。水泳を始めたときは水に入れるだけでとても嬉しかったです。

小1で育成クラスに上がってから、楽しいだけではなく本格的に練習が始まりました。辛い練習も水泳が好きだったから乗り越えることができました。

小2で初めて合宿に参加して、仲間が増えました。ジュニアの選手はみんなジュニアオリンピック(JO)という全国大会を目指すと知り、ぼくもそれを目標に毎日練習しました。

小3の11月にとうとう初めてJOへの切符をつかみました。ぼくは目標をJO出場からJO優勝に変えました。小3で出場した初めてのJOは緊張でうまくいきませんでした。

2017/03/08/

健康長寿のために”水活”ボランティア活動中

岡田礼子 マーメイドれいこ
水中運動研究家(日本水泳・水中運動学会 会員)
運動音痴(68歳までカナヅチ)ながら、アクア・エクササイズ・クリエイター&ライター。
心臓冠動脈カテ―テル手術2度体験 脳梗塞、心筋梗塞の痕跡あり。狭心症。脊椎管狭窄症、腰部頸椎に椎間板ヘルニアありその他健康問題多々抱えながら「ゆる泳ぎ」歴12年、プール依存症。
小プールでも出来る、運動苦手な人でも楽しめる「ゆる泳ぎ」と「ビート板を使ったユニーク水中運動」を広めるため“水活“ボランティア活動中。人々の集うところに「プール・カフェ」を、と小プール(5m×3m×1m~)建設を促す運動も展開中。

新しい水泳のスタイル「ゆる泳ぎ」2

これまで、しゃべったり歌ったりしながら泳ぐ人がいたでしょうか?
百聞は一見に如かず、先ずは、動画をご笑覧ください。文字通り笑える所多々あり、水中お笑い芸。

私は水中運動研究家の岡田礼子と申します。68歳の時、生まれて初めて水に浮き、自分の“整体”のために新しい泳ぎを、考案してきました。周囲からはマーメイドとか人魚さんといわれてきましたが、実は“婆メイド”。

投稿募集中