エピソードカテゴリー

私と水泳

2017/02/08


右から2人目が進士さん

進士栄一郎(Eiichiro Shinshi)
有限会社ススム商事 社長
元両国スイミングクラブ 会長
現在、墨田区水泳連盟理事 YMCA朗泳会でマスターズ登録

位置について

私は小学校3年までカナヅチでした。4年生からスイミングクラブ通い始め、6年生には小学校の代表選手になっていました。水泳で自信がついたかは解りませんが、性格も内向的から社交的に変わっていきました。中学校に入りスイミングは辞め学校の水泳部に入りましたが、タイムは伸びず、高校では水泳から離れました。大学の時、友人に誘われYMCAでボランティアリーダーの一環として、子供たちに水泳指導もしていました。

用意

結婚後、3人の子供に恵まれ、わが子に水泳を教えているうちに、子供と共通の特技を持つことにより、親子の会話も順調にできました。気が付きましたら、小学校の水泳指導をしていました。子供達に水泳を教え成長をした姿をみて、教える事の楽しさを知りました。

ドーン

30歳を過ぎ仕事に追われる日々の中、時間の合間をみて週2回YMCAで仲間たちと練習をしておりました。その頃マスターズ水泳大会に参加をし始めました。あの試合での緊張感は仕事では会えません。あの緊張感を求めて、練習をしているような気がします。

shinshi_2
前列真ん中が進士さん

ターン

40歳を過ぎてから、マスターズ大会、区民など月1回のペースで試合に参加しています。年と共にタイムを縮めるのは難しく、いかに1年でもタイムを維持することを目標に泳いでいます。練習を休むとタイムは落ちる。「練習は正直ですね!」
45歳の時、一度体調を崩し緊急で入院をしました。病名は「突発性気質化肺炎」。医者からここ2、3日が山と言われました。後日体調は戻り、医者から肺活量が一般人より高いと言われ、これも水泳のおかげだと感謝しています。「三途の川をターンしてきました」。

ゴール

現在60歳、今の週3、4回のスペースで泳いでいます。泳ぐことが生活の一部となり、泳がないと体調に変化を感じます。約50年泳いでいますが何が楽しいのかはわかりません?
ただ水泳を通じて多くの仲間ができ、仲間の絆が太くなってきています。
これからも体がつづく限り、泳ぎ続けたいと思います。
ゴールはいつ現れるでしょうか?

進士栄一郎