フットマーク入社の決め手

フットマークは幼い頃から身近な存在ではありましたが、決め手は、水泳帽子50%以上のシェアを持ちつつも常に時代の流れとともに変化する「新商品を生み出す力」とそれをいつでも「商品化できる」風土があることが一番のポイントでした。
  • Profile

    2002年入社
    経済学部卒
  • これまでのキャリア

    物流業務(1年間)→スポーツクラブへの営業(2年間)→スポーツメーカーのOEM業務(1年間)→製造部門(2年間)→中国工場勤務(3年間)→経営管理部(現職・5年目)

現在の仕事内容

①業務運営の仕組み作り②経理業務③システム関連

イメージ1経営管理部とは、「お金」のことだけではなく、その名の通り経営的視点を持ち「販売先」「仕入先」そして社員が働きやすい環境をつくることです。
仕事内容は多岐に渡りますが、当社は目標実現経営という社員ひとりひとりが考え、全員が経営に参画する仕組みを運営しています。この運営と業務がスムーズかつ正確に行われるように日々課題・問題点の解決に尽力しています。
具体的には、全社の指標となるような目標の作成→各部門への各目標の数値設定などです。
また1年の目標数値作成、毎月の計数管理、決算書の作成も行っています。さらには業務改善の一環として、正確で・短時間に仕事が終わるようにシステムの創造、改善にも取り組んでいます。日々流通体系や仕事のやり方に変化があるので、都度課題・問題点の解決に尽力しています。

うれしかったこと・やりがいを感じる瞬間

日々社員から「助かった」といわれるとうれしいですね

イメージ2日々業績をチェックして改善するのが自分の仕事だと考えています。そのため最初の計画立てが肝心で、計画がうまくできていないと目標に対しても遂行することができません。全社の計画をつくり、なおかつ皆のやりがいを作り出すための大事な仕事です。
よく会社は「ヒト・モノ・カネ」といわれますが、経営管理部は他の部署と違い、「ヒト」と「カネ」の2つに関わっています。その分責任の重大さも感じます。
全社の目標から各部門への目標金額などの振り分けも私の仕事ですが、どれくらい予算が必要なのか、人件費は妥当なのか?などその部署の状況を分かっていなければできない仕事です。そのため広い視野で常に各部とのコミュニケーションは欠かせません。

私がフットマークを選んだ理由

がんばった結果がかえってくる中小企業の方が肌にあう

新卒当時は銀行に勤めていました。フットマークは幼い頃から身近な存在ではありましたが、決め手は、水泳帽子50%以上のシェアを持ちつつも常に時代の流れとともに変化する「新商品を生み出す力」とそれをいつでも「商品化できる」風土があることが一番のポイントでした。
また一つの職種にとらわれず様々な仕事を経験させてもらえることや、海外にいけることにも興味がありました。
私は壁にしばられる大企業よりも、自分の裁量で商品化、事業化できるチャンスがある会社で働きたいと思っていましたし、またそんな環境の中で、自分に挑戦したいと感じたからです。

先輩への質問

Q:1日のスケジュールを教えてください

朝礼前 今日やることの整理、優先順位をつける、メール配信
午前中 考える仕事(たとえば、業務の課題・システム案・会計処理の問題点など)
午後 作業、入力作業、商談など(銀行、税理士、システム会社との商談)

Q:将来の目標はなんですか

新規事業を立ち上げ、商品開発や部門管理をしたい。人の健康づくりに役立つもの、将来性ある、サステイナブルな商品を生み出したい。

Q:OFFの過ごし方は?

娘と自転車の練習。スカイツリーまでの近道も知ってます。

Q:どんな人と働きたいですか?

情熱を持ってなにかを成し遂げようとしている人、人が気がつかないアイデアをさらっと出す人

Q:フットマークのここがすごい

常に成長している(会社も人も)

Q:おすすめのフットマーク商品は?その理由は?

8osusume.pngアニマル君
おもしろい、わかりやすい、実はとても手間かかっています。

Q:フットマークの社員はどんな人が多いですか?

まじめな人で、スポーツマンが多いですね。

Q:誰にも負けないところは?

仕事量

最後に先輩から就職生へアドバイス

就職活動とは、自分の可能性を試すチャンスです。自分が今までやってきたこと。誰にもこれだけは負けないこと。自信を持ってアピールしたいことを発表する場です。多くの人と出会い、論理的思考を持ちながら、話し方を磨く。長所を改めて見直す。など就職活動を通じて分かる自分にチャレンジしてみてください。


※記事内容および社員の所属は取材当時のものです。

先輩の声一覧

  • スクール販売部
  • 経営管理部
  • GMS部
  • スポーツリテール部
  • 健康インナー部
  • ヘルスケア部
  • GMS部
  • ウェルネス部
  • 製造部
  • 品質・安全室
  • 経営管理部
このページの先頭へ戻る