FOOTMARKトップ>お知らせ一覧 > リリース > オーダーメイド水着サービス「水着柄100選」...

リリース

2022.07.26

オーダーメイド水着サービス「水着柄100選」取り組み開始

 


廃棄ゼロ、消化率100% 無駄をなくし、本当に必要な水着だけをつくる

オーダーメイド水着サービス「水着柄100選」取り組み開始
「ほかの人と水着の柄がかぶるのが嫌だ」の声にも応える


mizugi100.jpg

※柄はイメージです
※ボトムスは別売りです

フットマーク株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:三瓶 芳)は、主に高齢者女性を対象にしたオーダーメイド水着サービス「水着柄100選」を開始いたしました。
希望の上着の形・サイズ、100種類の柄から自分好みの水着をつくることができるもので、利用者だけでなく、在庫に限りがあった既存水着では販売機会ロスにもつながっていたスイミングクラブなど施設側、双方の課題に応えた取り組みです。本当に必要な水着だけの注文を受け、注文分だけをつくりお届けすることで「無駄をなくし、作りすぎない」ことを可能にし「廃棄ゼロ」「消化率100%」をめざします。水着は耐塩素に優れたポリエステル100%生地で、使用及び洗濯による形崩れや色落ちを軽減させ水着を長持ちさせることができます。
価格は袖なし8,250円、袖付き9,350円(それぞれ税込小売希望価格)で、Sから5Lまでの7サイズで展開。主にスイミングクラブ、フィットネスクラブなどで対応しています。

【開発の背景】
プールを利用する多くの女性の心理として、ほかの人と水着の柄がかぶりたくないという気持ちがあります。頻繁にプールに通う方は一人数着(3〜5着)水着を所持し、その日の気分で柄を選び運動するケースが見られます(弊社営業調べ)。しかし既存の水着柄の種類は限られており、在庫自体にも限りがあるため、代替案の提案が難しく要望に応えることができないケースが多々ありました。それは施設側にとっても歯がゆい現状で、販売機会ロスという課題がありました。
元々スイミングクラブ、スポーツクラブに通う女性は憩い(コミュニティ)の場として利用されている方が多く、個性が光るそれぞれの水着を着ることで気分をあげ、運動意欲の向上が期待されます。さらにコミュニケーションの新たな話題となり、活性化につなげる狙いがあります。また今回のサービスがきっかけとなりコロナ禍で減少した各施設会員の呼び戻しにも貢献したいと考えています。
 

→メディア向けプレスリリースは、こちらよりご覧になれます>>

 (このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから 

 

ラクサックを贈ろうプロジェクト始動 お知らせ 紀ノ国屋「7ways bag」発売開始