FOOTMARKトップ>お知らせ一覧 > リリース > 「男女共用セパレーツ水着」取り組み開始 長袖...

リリース

2022.06.07

「男女共用セパレーツ水着」取り組み開始 長袖・ハーフパンツで露出を控え、紫外線対策効果にも

 


学校用水着では初。男女同じデザインのジェンダーレス水着
「男女共用セパレーツ水着」取り組み開始
長袖・ハーフパンツで露出を控え、紫外線対策効果にも


132200model.jpg

フットマーク株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:三瓶 芳)は、男女デザインが同じジェンダーレス水着「男女共用セパレーツ水着」の取り組みを開始いたしました。「男女共用セパレーツ水着」は上下が分かれたセパレーツ型で、長袖の上着はできるだけ露出を軽減し紫外線対策にも有効です。またボトムスはハーフパンツを採用しており、体のラインが出にくい形状になっています。男女共用のため性別を意識せず水泳授業に参加できる狙いがあります。価格は6,380円~6,820円(税込小売希望価格)で、カラーはコンのみ。120cmから4Lまでの10サイズで展開いたします。
なお本年度は3校が導入予定で、来年に向けて10校が検討中です。指定制ではなく、従来の水着と男女共有水着を選択できる形にする学校が多くみられます。

【開発の背景】
昨今、学校現場においても「ジェンダーレス」の動きが注目されています。LGBTQへの理解や関心が高まる中、制服も自由に選べるようになるなど学校の現場でも新しい取り組みが進んでいます。
しかしスクール水着においては、昭和から平成、令和へと男女それぞれ形の変化はあるものの、男女別のデザインが根強く、性差による違いが露わになるようなものが多いのが現状です。他社でも体型を隠す水着は販売されていますが、性別ごとに違う形で男女で兼用できる上下セット水着はありませんでした。そこで今回、男女同じ形にすることで性別による水着の選びにくさを払拭し、内面と外見で性の異なる生徒も迷わず選び着ることができるジェンダーレス水着を開発しました。

 

→メディア向けプレスリリースは、こちらよりご覧になれます>>

 (このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから 

 

アウトドア専用ウエアを持っていないママが82%  理由は「年に数回しか行かないため買うのがもったいない」 お知らせ