FOOTMARKトップ>お知らせ一覧 > リリース > アウトドア専用ウエアを持っていないママが82...

リリース

2022.06.01

アウトドア専用ウエアを持っていないママが82% 理由は「年に数回しか行かないため買うのがもったいない」

 


アウトドア専用ウエアを持っていないママが82%

理由は「年に数回しか行かないため買うのがもったいない」

アウトドアと日常で兼用できるウエア


表紙.jpg

 

フットマーク株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:三瓶 芳)は、アウトドアウエアに関する意識調査を実施しました。家族でアウトドアレジャーをする女性400人にアンケートを行ったところ、アウトドア専用ウエア持っていると答えた人はわずか18%。ほとんどの人がアウトドア専用ウエアを持っておらず、汚れてもいい普段着などを着ていることがわかりました。

 

【調査結果】

1.「アウトドアに行く際に最もお金をかけるもの」を聞いたところ、旅費・食費に費用がかかる分、服装にお金をかける人は1%。ほとんどの人が服装を重視していないことがわかった

2.82%の人がアウトドア専用のウエアを持っていないと回答した。その理由として多かったのは、「年に数回しか行かないため買うのがもったいないから」39%「汚れてもいい普段着を着るから」20%という答えだった

3.「アウトドアでのお困りごと・不満を教えてください。」という質問に対して、「日焼けしてしまうこと」「虫が嫌」「準備や片付けが面倒」「着替えの服など荷物が多くなること」が多く上がった

 

〈調査内容〉

調査名  :アウトドアウエアに関する意識調査

調査対象:家族でアウトドアに行ったことのある

     関東在中 お子さんのいる30,40代女性 400人

調査期間:2022年4月27日~5月2日

 

→メディア向けプレスリリースは、こちらよりご覧になれます>>

 (このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから 

 

抵抗の少ない姿勢をつくり出し、正しい泳ぎの感覚で練習ができる「サポート付き練習水着」を発売 お知らせ 「男女共用セパレーツ水着」取り組み開始 長袖・ハーフパンツで露出を控え、紫外線対策効果にも