FOOTMARKトップ>お知らせ一覧 > リリース > 小学生の3人に1人が通学時に「通学ブルー」「...

リリース

2021.10.27

小学生の3人に1人が通学時に「通学ブルー」「身体の痛み」を実感!小学生の65%が陥る可能性がある"ランドセル症候群" とは

 

 

 

フットマーク株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:三瓶 芳)は、通学にランドセルを利用している小学1~3年生とその保護者1,200名を対象に「ランドセルの重さに関する意識調査」を実施いたしました。多くの小学生が通学時に、ランドセルを重く感じていることが判明し、更に3人に1人が通学ブルーや肩の痛みなど心身への影響を感じていたことがわかりました。
ランドセル症候群 公式サイト: https://www.rakusack.jp/feature01/

ランドセル症候群KV.png
 

※ランドセル症候群とは…自分の身体に合わない重さや大きさのランドセルを背負ったまま長時間通学することによるココロとカラダの不調を表す言葉です。具体的には、小さな体で3kg以上の重さがある通学カバンを背負いながら通学することによる筋肉痛や肩こり、腰痛などの身体異常だけではなく、通学自体が憂鬱に感じるなど気持ちの面にまで影響を及ぼす状態です。

 

【調査サマリー】
①小学生の90.5%がランドセルが重いと感じていることが判明。ランドセルの重さ平均は約4㎏
小学生1~3年生の90.5%が「ランドセルが重い」と感じていると回答。保護者の85.8%も子どもにとってランドセルが重すぎるのではないか、と感じていることがわかりました。ランドセルの重さは平均3.97kgで、3Kg以上ある割合は65.8%とかなり多くの小学生が重いランドセルで通学していることが判明しました。

②重いランドセルで「通学ブルー」を実際に感じたことのある小学生が約3人に1人
ランドセルが重たいと感じている小学生の中で、2.7人に1人が重い荷物を背負うことが億劫で登校を嫌がった経験があるという結果になりました。更に3.1人に1人が通学時に肩や腰・背中など身体の痛みを訴えたことがあることが判明し、小学生の約3人に1人が既に「ランドセル症候群」に陥っていることがわかりました。

③小学校のブラック校則!?約半数の小学生が「置き勉禁止」
46.8%の小学生が、学校で置き勉が禁止されていると回答。ランドセルだけではなく、副教材などをサブバックを持って登校する割合も92.0%と、かなり多くの荷物を持って登校していることが明らかになりました。

gk-feature01-pr.pdf

→メディア向けプレスリリースは、こちらよりご覧になれます>> 

 (このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから 

 

浮力と保温性のある「楽に泳げる水着」をリニューアル発売 お知らせ 「リコーダー用カバー」新発売 音楽の授業、合唱コンクール、部活動などの飛沫対策に