FOOTMARKトップ>お知らせ一覧 > リリース > コロナ禍で温浴施設に行く頻度が減った67% ...

リリース

2021.03.24

コロナ禍で温浴施設に行く頻度が減った67% 入浴施設での飛沫感染対策に「温泉マスク」3月30日発売

 

コロナ禍で温浴施設に行く頻度が減った67%
不安に思うこと1位は感染のリスクが高いから

温浴施設での飛沫感染対策に「温泉マスク」3月30日発売

bnr_onsen.jpg

 

水泳用品メーカーの「フットマーク株式会社」(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:三瓶 芳)は、温浴施設で利用できる「温泉マスク」を3月30日(火)より発売致します。
温泉マスクは、浴場で装着することで飛沫の拡散を軽減するマスクです。場面により着脱が簡単にできる仕様で、最大100cm伸縮するスパイラルコードにより、口元に十分な空間を確保しつつ顔にゆるやかにフィットします。

コロナ禍での温浴施設の利用変化を把握するため首都圏在住の20代~60代の男女1,000名に「コロナ禍の温浴施設に関する意識調査」を行ったところ、2020年の一年間で、温浴施設(温泉、銭湯、スパ)に行く頻度が減った人は67%。浴場で不安に思うことについては「感染リスクがあるから」、「不特定多数の人が集まるから」、続いて「浴場ではマスクが着用できないから」という結果になりました。頻度が減った理由についても同様の答えが見られましたが、「何となく行ってはいけない雰囲気があるから」という人たちも一定数存在しており、リスクだけではなく心理的な不安も反映される形となりました。

緊急事態宣言が解除され、人の動きが活発になることも予想されています。旅行での温泉や日々の温浴施設利用時に「温泉マスク」をご使用いただき、感染予防・不安の軽減につながればと考えております。サイズは子どもから大人までを対象にM、Lの2種類で、カラーはシロ、サックス、ミントの3色。価格は550円(税込小売希望価格)で、当面は温浴施設、旅行業、官公庁などへの提案に注力していき、個人向けの販売は5月下旬頃を予定しています。

[ 調査内容 ]
調査名:コロナ禍の温浴施設に関する意識調査
調査対象者:首都圏在住の20~60代の男女1,000名(性別年代による均等割付を実施)
調査期間:2021年2月25日~2月28日
調査方法:インターネット調査
 

 

→メディア向けプレスリリースは、こちらよりご覧になれます>> 

 (このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから 

 

「7WAY BAG」 Makuake(マクアケ)で先行販売し、1時間足らずで目標金額を達成。先行予約終了まで1週間 お知らせ 既存のホイッスルに着け使用できる「ホイッスルカバー」4月8日発売