FOOTMARKトップ>お知らせ一覧 > リリース > プール内での飛沫拡散を防ぐ「プール用マスク」...

リリース

2021.03.03

プール内での飛沫拡散を防ぐ「プール用マスク」3月3日発売

 

子ども~大人まで 安心安全に水泳が楽しめる
「プール用マスク」プール内での飛沫拡散を防ぐ 法人向けに3月3日発売

~泳いでいるとき以外の待ち時間、プールサイドなどで装着~



3000021poolmask.jpg

 

水泳用品メーカーの「フットマーク株式会社」(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:三瓶 芳)は、「プール用マスク」※を3月3日(水)に発売いたします。
プール用マスクは、装着することでプール内での飛沫の拡散を軽減するマスクです。待ち時間や指導者の話を聞く際、プールサイド、シャワー室などではマスクで鼻口部分を覆い、泳ぐ時は首に掛け外して使用します。最大100cm伸縮するスパイラルコードがゆるやかなフィット感と、子ども一人でも着脱が簡単に行える仕様になっています。

サイズは子どもから大人までを対象にS、M、Lの3種類で、カラーはシロ、サックス、ミントの3色。価格は550円(本体価格500円)です。すでに大手スポーツクラブのプール施設で採用が決まっており、当面はスポーツクラブなどの法人・教育機関・官公庁などへの提案に注力してきます。個人向けの販売は5月頃を予定しています。 ※子ども用の商品名は「水泳レッスンマスク」

【開発背景】
コロナ禍で各施設ではさまざま感染対策をしていますが、シャワーを浴びプールサイドに入ってからは、なかなか対策が取ることが難しい現状です。スイミングクラブは実際の泳ぐ時間よりも、指導者の話を聞く時間、順番を待つ時間が多くの割合を占めており、そこではマスクをしていない状況で少なからず会話も生まれています。コミュニケーションをとりながらも安心して水泳に取り組めるようなアイテムが必要とされていました。
プールの中での飛沫対策として使用できるマスクを使用することで、利用者もクラブ側もお互いが安心して利用できると考えています。

【主なマスク利用場面】
・プール施設の成人コース 
・成人の水中ウォーキング時
・スイミングクラブでのレッスン 
・学校水泳授業
 

専用サイト https://www.footmark.co.jp/mask/pool.html

 

→メディア向けプレスリリースは、こちらよりご覧になれます>> 

 (このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから 

 

「RAKUSACK® ORIGINAL(ラクサックオリジナル)2」新発売 お知らせ 「7WAY BAG」 Makuake(マクアケ)で先行販売し、1時間足らずで目標金額を達成。先行予約終了まで1週間