エピソードカテゴリー

水泳を続けて楽しみも二倍、三倍

2018/01/22


角谷 誠(Makoto Kadoya)
理容師。
墨田区両国で理容室「ヘアーサロン ロダン」を営む。
http://www.hairsalon-rodan.com/

水泳だけは得意でした

私が水泳に関わり始めたのは小学校一年生(6歳)からです。
夏のプール参観に来ていた両親が顔に水をつけることもできず、プールサイドにしがみついているだけの私を見て、「この子には水泳を習わさなくちゃダメじゃないかしら」となり、当時地元の子どもたちが習っていた緑泳会(りょくえいかい)に入ることになりました。
それから私はこの水泳という競技に関わり始めました。

元々、スポーツが得意!という感じの幼少期ではなく、肥満体型で走るのも、球技も、体操も、鉄棒も…ほとんど全部(笑)がダメでした。
ただ小学校一年生から初めていた水泳だけは、こんなスポーツ音痴の私でもどうにかこうにか人よりは泳げ、いつの間にか得意になっていました。これは自分ではあまり気づいていなかったでしょうが、今考えると自信になっていたのでしょう。
両親に感謝ですね!

ふたたび、水泳にどっぷり

学生時代はこの緑泳会と水泳部に所属していましたが、仕事に就いてからの7~8年は水泳から遠ざかる時期がありました。
仕事も落ち着きはじめ、そして皆さんも経験なさっていると思われますが20代後半~30代にかけて自分の運動不足を痛感する頃です、私は近所のスポーツクラブルネサンス両国に入会しました。しかしすぐには水泳を始めず、筋トレばかりに励んでいました。

ある時、関節を痛め何もできなくなった時期がありました。ふと「水泳なら大丈夫じゃないか?」と思い、久々に泳いでみたところ…自分の泳力のなさに驚愕!!

「え~~~~~~~~っ!こんなに泳げなくなっているの?ヤバいなこれは!」

唯一得意な水泳がへっぽこ泳ぎになっているのが情けなく感じ、再び水泳に打ち込むようになりました。

今はスポーツクラブルネサンス北砂へ所属を変更し、マスターズに登録。マスターズの練習のほかにも水泳を好む方々と一緒に練習をしています。
ここではトライアスロンをやっている方やトレイルラン、マラソン、ロードバイクなど様々な競技を趣味としている方々に出会い、刺激を受け、昨年初めてオープンウォータースイムに挑戦!海で3000m泳ぎました!44分完泳です!

プールとはまるで違う新たなる水のスポーツです。泳法も違えば距離も長い、ただ自然の中で泳ぐというこれまた特別な感覚がとても楽しかったです。オープンウォータースイムも続けていけたらなと思っています。


本業は理容師。毎日予約でいっぱいの人気店のオーナーです。

現在、ある挑戦話が浮上中

実はこの文章を書いている数時間前もプールで泳いでいました(笑)
何だか今では私になくてはならないスポーツになっていますね、水泳が。ものすごく速い選手というわけではありませんが、笑って楽しく仲間たちと過ごす時間を今後も大切にしていきたいと思っております。
水泳をやらない友人からは「魚類になりたいの?」って言われます。それくらい泳いでいる毎日なのです。

最後になりますが、ただいま水泳仲間との間でとある挑戦話が出ています。
それは佐渡島~本州もしくは、津軽海峡。これを仲間全員でリレー形式で横断/縦断しようじゃないかっ!というとてつもない案です。
さて、この企画は本当に実現するのでしょうか?

その際はぜひフットマークさん海用の水着を提供してください(笑)

角谷 誠