フットマーク入社の決め手

学生時代スポーツをしていたので、スポーツに携わる仕事を軸に就職活動をしていました。会社説明会を受けてみて「社内全体で協力して目標を達成しよう!」という方針が学生時代に行っていたチームスポーツに似ている事もあり、強く惹かれました。
  • Profile

    2018年入社
    文学部・アジア文明学科
  • これまでのキャリア

    スクール販売部営業(1年目)

 

現在の仕事内容

学校水泳用品・通学カバンの営業をしています

イメージ1学校水泳用品・通学カバンの営業を行っています。
既存のお客様を訪問して新商品を紹介させていただいたり、現在は先輩からいくつか地方の営業先も引き継ぎ、多いときは月の半分ほど出張に行くこともあります。
また新規のスポーツ店・学生服取扱店などにもアポイントを取り訪問することもあります。新規のお客様がフットマークの商品に魅力を感じ商品を扱って頂けたときは、やはり嬉しいものです。お客様との会話一つひとつを大切にし、はやく自分自身の営業スタイルを見つけることが目下の目標です。

うれしかったこと・やりがいを感じる瞬間

入社1年目から海外研修などの多くの経験が出来る事

イメージ2 入社1年目から多くの経験をさせてもらえることにとてもやりがいを感じています。
配属前の研修では海外の工場に行き縫製や検品など様々な経験をさせてもらいました。

新商品開発の会議では1年目ではありますが、しっかりと自分の意見を言える環境があり、さらに意見を取り入れてもらえた時は嬉しかったです。
日頃の商談でお客様が言われていた些細なコメントにも丁寧に耳を傾け、部員が集まる場で共有できるようにしています。

またリオ五輪の金メダリストの金藤理絵さんや、現在東京五輪を目指している後藤真由子選手などトップアスリートの活躍を間近で見られることは、とても貴重な経験です。
特に後藤真由子選手は私の同期でもあるので、応援団長として会社を盛り上げていこうと今から気合いが入っています。

私がフットマークを選んだ理由

フットマークの方針が学生時代行っていたスポーツに似ていて惹かれた

学生時代スポーツをしていたので、スポーツに携わる仕事を軸に就職活動をしていました。会社説明会を受けてみて「社内全体で協力して目標を達成しよう!」という方針が学生時代に行っていたチームスポーツに似ている事もあり、強く惹かれました。
フットマークでは営業会議はもちろん、新商品会議なども部員全員で行っています。
あたらしい商品をつくるためにチーム全員で意見を出し合う場面では、特に全員で一致団結して良いものをつくろう!という雰囲気を感じることができます。

先輩への質問

Q:1日のスケジュールを教えてください

8:10 出社・メールチェック
8:30 ラジオ体操
8:40 全体朝礼・部門朝礼
9:00 店舗回り準備
9:30 店舗へ車で移動
10:30~11:30 商談
12:00 お昼
13:00~16:00 各店舗訪問
16:30 帰社
16:30~17:15 営業報告
17:15~17:30 社内掃除
17:30 次の日の準備
16:00 帰社後メール対応
18:00 帰宅
19:00 ジムで筋トレ サボらないように気を付けてます笑

Q:将来の目標はなんですか

海外でも活躍できる人になる(FOOTMARKの魅力を多くの方に知っていただきたい)

Q:OFFの過ごし方は?

友達とフットサルをしたり、遊びに出かけます!

Q:どんな人と働きたいですか?

協調性がある人(一緒に頑張れる人)やFOOTMARKに興味を持ってる人

Q:フットマークのここがすごい

スポーツ用品・介護・アクティブシニアの営業の方や製造・経理の方など各分野でプロフェッショナルな方が多いこと(まだまだあります!)

Q:おすすめのフットマーク商品は?その理由は?

おすすめ商品RAKUSACK©
FOOTMARKにしかないアイディアが詰まった商品だから

Q:フットマークの社員はどんな人が多いですか?

優しい人が多い!困った時にアドバイスをくださったり、その他のくだらない相談にも乗ってくれます

Q:誰にも負けないところは?

こだわりを持っている事!

最後に先輩から就職生へアドバイス

チャレンジする事を恐れずに、力まず程よい緊張で頑張って下さい!人生の中でチャレンジできる経験はなかなか少ないと思います!


※記事内容および社員の所属は取材当時のものです。

 

先輩の声一覧

  • スクール販売部
  • 経営管理部
  • GMS部
  • スポーツリテール部
  • 健康インナー部
  • ヘルスケア部
  • GMS部
  • ウェルネス部
  • 製造部
  • 品質・安全室
  • 経営管理部
このページの先頭へ戻る