フットマーク入社の決め手

当時高校生だった私が初めてこの会社を訪問した際に、先輩方がイキイキと楽しそうに仕事をしている姿が印象的でした。がちがちに緊張していた私に先輩方が「いらっしゃい」「聞きたいことがあれば何でも聞いてね」「今から面接?頑張ってね!」と暖かく声を掛けて下さり、ここで働きたいと思ったことを今でも鮮明に覚えています。
  • Profile

    2004年入社
    情報処理科卒
  • これまでのキャリア

    営業補佐(3年間)→ 生産管理(5年間)→ 品質管理(現職 3年目)

現在の仕事内容

商品の品質管理・課題解決を一手に引き受ける仕事です

イメージ1お客様に安心して長くお使い頂ける商品をお届け出来るように、素材や付属品の品質チェックをしています。
開発段階の水着が色落ちしてしまう...という課題がある場合には、販売先のお客様の要望を満たせるよう、生地屋さんへ加工方法の変更をお願いしたり、別の試験方法を検討します。時には工場へ自ら出向いて作業を指示することもあり、関わる人の多さも特徴の1つです。
また、社員の品質知識向上のために研修を行うことも大事な仕事です。お客様・社内・工場・仕入れ先...など各方面から相談事が集まるので、適切な判断を下すためにも日々の勉強も欠かせません。

うれしかったこと・やりがいを感じる瞬間

『これじゃなきゃだめなの!』という声を聞いたとき

イメージ2私の部署は「お客様相談室」として電話開設をしており、繁忙期で1日10件程の電話対応をしています。時には難しい相談事もありますが、お客様から喜びの声を直接聞ける時が一番嬉しい瞬間です。
「ゆったりアクアキャップ」というしめつけのない水泳帽子があるのですが、あるお客様から「ずっと使っているの、これじゃなきゃだめなのよ!」と熱烈なラブコールを受けた事があります。このお客様はネットショッピングが苦手ということでしたので、商品の特徴をお伺いして、電話で注文出来るよう品番をお伝えしました。
品質管理という仕事は地道な作業も多いのですが、この様な声を聞かせて頂くと、私の仕事がお客様の喜びに繋がっているんだ!と実感できやりがいを感じます。

私がフットマークを選んだ理由

家族のようなアットホームな雰囲気

当時高校生だった私が初めてこの会社を訪問した際に、先輩方がイキイキと楽しそうに仕事をしている姿が印象的でした。がちがちに緊張していた私に先輩方が「いらっしゃい」「聞きたいことがあれば何でも聞いてね」「今から面接?頑張ってね!」と暖かく声を掛けて下さり、ここで働きたいと思ったことを今でも鮮明に覚えています。
私は今2歳の娘がいて時短勤務なのですが、周りの方の支えもあり、スムーズな復帰ができ、子育てと仕事の両立を楽しんでいます。家族のようなアットホームな雰囲気があるということは、入社前の印象と変わらず、フットマークの大きな魅力だと思います。

先輩への質問

Q:1日のスケジュールを教えてください

9:30 出社 メールチェック・メール返信
10:00 検査会社からFAXで来た品質検査報告書の内容確認
内容によっては各担当と今後の対応を検討したりします。
12:00 お昼休み
13:00~ 商品規格書のチェック、規格書作成のお手伝い、その他社内の品質向上に係る仕事
16:30 退社(育児のため時短勤務中)

Q:将来の目標はなんですか

TES(繊維製品品質管理士)の取得

Q:OFFの過ごし方は?

子供と近所をお散歩

Q:どんな人と働きたいですか?

やる気がある人、向上心を持っている人、分からないことは分からないと素直に言える人

Q:フットマークのここがすごい

アットホームな雰囲気

Q:おすすめのフットマーク商品は?その理由は?

おすすめ商品アニマルくん
フットマーク唯一のハンドメイド商品です。職人さんが一つひとつ心を込めてつくっています。

Q:フットマークの社員はどんな人が多いですか?

仕事で悩んでいたり、行き詰ったりしていると話を聞いてくれ、的確なアドバイスをくれる方!

Q:誰にも負けないところは?

頑固、負けず嫌い

最後に先輩から就職生へアドバイス

最初から業界・職種を絞るのではなく、色々な会社を見てみることが大事だと思います。1つの会社だけを見ているとどうしても良い点だけが目に付き、視野が狭くなってしまいます。多様な会社を見る事で目が肥えていき、今まで気づけなかった会社の良い点・悪い点が浮かび上がってきます。


※記事内容および社員の所属は取材当時のものです。

先輩の声一覧

  • GMS部
  • スポーツリテール部
  • 健康インナー部
  • ヘルスケア部
  • GMS部
  • ウェルネス部
  • 製造部
  • 品質・安全室
  • 経営管理部
このページの先頭へ戻る