FOOTMARKトップ>お知らせ一覧 > リリース > 女子高校生×フットマーク!「憧れの野尻湖で着...

リリース

2016.06.01

女子高校生×フットマーク!「憧れの野尻湖で着たい」水着を新発売。商品企画から販売まで携わった後輩のための水着


女子高校生×フットマーク!
「憧れの野尻湖で着たい」水着を新発売 
商品企画から販売まで携わった後輩のための水着
~「新しい学びフェスタ2016」で最優秀賞受賞~



このたび、水泳用品メーカーの「フットマーク株式会社」(所在地:東京都墨田区、代表取締役社長:三瓶 芳)は、東洋英和女学院高等部2年生4名(企画当時)と共同開発した水着「MAPLES(メープルズ)」を、2016年6月1日に発売いたします。
 長袖とランニング型の2型で、いずれも専用のポーチつき。価格は9,072円(税込小売希望価格)で、サイズはS~LLサイズまでの4サイズ展開です。カラーはそれぞれ2色ずつ用意しました。フットマークネットショップ「水着で元気工房うきうき屋」にて販売いたします。

133080_c.jpg133081c.jpg

公式サイトにてストーリー公開中 http://www.ukiuki.jp/footmark-school/2016/

 「MAPLES」は、実際に水着を使っている学生自身が、スクール水着のイメージを打破し、自分たちが着たいと思う水着づくりに挑戦する「ものづくりプロジェクト」において作成されました。当社は本プロジェクトを2013年に開始。これまで、静岡大学教育学部附属静岡中学生2年生2名、東京都立両国高等学校附属中学校の2年生4名と、水着づくりを行いました。3年目となる2016年は、商品企画だけでなく、人に伝えるためのプレゼンテーションや、そのために必要な手段や方法なども自分たちで考え、最終的には作った水着を実際に販売。2016年3月に開催された株式会社ベネッセコーポレーション主催「新しい学びフェスタ2016」では、最優秀賞を受賞しました。

公式サイト: http://www.ukiuki.jp/footmark-school/

 

【企画者について】
 2015年秋に出会った4人の女子高校生。4人が通う東洋英和女学院には「野尻キャンプ」という伝統行事がありました。水泳、ボート、ヨット、カヤックなどの水上スポーツを通じ、強い絆を育む野外活動。そう、彼女たちにとっての泳ぐ場所は湖だったのです。通常のプールとは違う湖という環境。「寒い」「日焼けが気になる」…みんなの希望を叶える水着が作りたい!!大きな使命を持って始まった、プロジェクト初の女子高校生との共同企画。「ものづくりプロジェクト」第3弾、堂々完成です。


【これまでのストーリー】
公式サイトで公開中: http://www.ukiuki.jp/footmark-school/2016/
 

【企画した水着のコンセプト】

 第3弾の今回は、初の高校生との取り組みで、2パターンを企画。コンセプトは「憧れの野尻湖で着たい水着」です。野尻湖とは東洋英和女学院の伝統野外活動として夏に行う「野尻キャンプ」のことで、毎年主に中学部2年生が参加します。今回はすでに野外活動を経験した高校生が、これから行く後輩たちのために野外活動で着る最適な水着を考えました。ただし今回の水着で採用された機能は、「日焼け防止」や「冷え防止」など、一般的なプールや海においても共感できる女子生徒の悩みを解決できるものとなっています。
 

 

MAPLES_氏名付き.jpg

 

→プレスリリースは、こちらよりご覧になれます>>


 (このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから

 

低学年でも1人ではける男子用スクール水着を新発売。腰ひもが お知らせ 中高生必見!重さ800gで教科書150冊分の耐加重を実現  体への負担を軽減する『通学バッグ』発売