FOOTMARKトップ>お知らせ一覧 > リリース > 水泳授業にも紫外線対策  すまいるスイムシリ...

リリース

2014.06.11

水泳授業にも紫外線対策  すまいるスイムシリーズ「シャインガード」新発売

 


水泳授業にも紫外線対策 

すまいるスイムシリーズ「シャインガード」新発売
赤外線盗撮防止、はっ水生地採用。さらに機能をプラス


 

101572_08.jpg101572_09.jpg

 

このたび、水泳用品メーカーの「フットマーク株式会社」(東京都墨田区、代表取締役社長・三瓶 芳)は、いままでにない快適さ、安心と安全を提供する学校用水着「すまいるスイムシリーズ」から新商品を発売します。

新ラインアップの「シャインガード」は強い紫外線から肌を守る、水着と同じ素材でできた長袖の上着で、水着の上からも着用できます。シャインガードは年々紫外線が強くなってきている中、水泳授業でその必要性を感じる場面が多く各学校も対策が進んでいました。
価格は5400円~5,832円(税込小売希望価格)で、サイズは男女兼用でS~3Lまでの5サイズ展開。学校の制服、体操着を扱う小売店やスポーツ店、またフットマークネットショップ( http://www.ukiuki.jp/ )にて販売します。

 

 

【企画の背景】
紫外線が年々増加している中、学校での紫外線対策が活発に進められています。その対策の一つとして「シャインガード(ラッシュガード)」の着用を許可している学校が増えています。東京では1校当たりの着用率は約10%(当社調べ)で、特に意識の高さが見られるのは関西地区。保護者からの要望で採用が受け入れられるケースも見られます。フットマークでは2010年より「シャインガード」を取り扱っていますが、その販売数は年々増加。昨年との対比では、約160%の実績となっています。
「すまいるスイムシャインガード」は、撥水加工が施すことで、体が冷えにくく、肌にまとわりにくいのも特徴です。女子生徒の場合、従来の水着の上に重ねて着るため、できるだけかさばらない着心地が望まれています。従来のシャインガードに「すまいるスイムシリーズ※」の機能を新たに加え、学校水着へ付加価値をつけていきます。

※「すまいるスイムシリーズ」は、いままでにない快適さ、安心と安全を提供するシリーズです。超はっ水で、速乾、軽量という素材を使用。一人でも多くの生徒 さんが「笑顔」で水泳授業が受けられるようにという想いを込めた商品を展開をしています。今回はシリーズ初となるパンツにスカートがついたタイプを採用。 特長は「見た目がかわいくて、お尻が隠せる」ことです。近年マラソンやバドミントンなどのスポーツも、スカート付きのウェアをよく目にするように、大人の ファッションに影響されて学校用水着もスカート付きの販売数が目立って伸びてきているという事実も背景にあります。

 

→プレスリリースは、こちらよりご覧になれます>>
 (このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから

 

スカート+パンツ一体型 お尻を隠したい女子生徒ゴコロに応える水着「パイピングセパレーツ上下」新発売 お知らせ 年配女性にも楽な水着「ゆったり水着」シリーズ・新柄登場