沿革

1946年 創業者・磯部徳三がゴム布製品製造卸(赤ちゃんのおむつカバー、その他、リックサック、ぞうり袋など学童用品)を目的として開業。 1946年 墨田区緑に磯部商店として創業。
1946年 墨田区緑に磯部商店として創業。
1970年 新製品通気性ベビーパンツ、大人用おむつカバー(後の介護おむつカバー)を発売。 赤ちゃんのおむつカバー
赤ちゃんのおむつカバー
1972年 水泳帽子国内シェア・ナンバーワン, 日本水泳連盟推薦水泳帽子となる。アメリカ、カナダへ水泳帽子を輸出。 1969年~スクール水泳帽子の全国展開を開始。
1969年~スクール水泳帽子の全国展開を開始。
1975年 水泳帽子のほか水着、スイムグラスなどの水泳用品を多種類開発。
1980年 大人用おむつカバーを始め、ねまき、エプロンなど老人介護用品を開発、老人ホーム、病院、在宅介護への支援商品を開発。
1984年 <介護>という言葉を商標登録する。介護おむつカバー、介護ねまきなどのネーミングにする。
1986年 マスターズスイマーのための水泳用品の製造・販売。
1995年 プールのあるレジャー施設、公共プール、温泉施設への商品を展開。
1998年 水と健康の商品「浮きうき水着」「アクアスーツ」を企画・製造・販売。 水泳に行きたい中高年の要望に応えた「アクアスーツ」
水泳に行きたい中高年の要望に応えた「アクアスーツ」
2000年 オーダーメイドの水着ショップ「ukiukiアクア健康広場・両国店」を開設。レンタル水着ショップ「ukiukiアクア健康広場・箱根店」を開設。
2001年 世界初「小型流水プール」(2m×5m、水深1m)の企画・製造・販売を開始。 世界初「小型流水プール」を発表
世界初「小型流水プール」を発表。
2002年 東京大学との共同研究により、「フィールアライナ」を開発・発売。クライ・ムキデザイナーとの共同開発による「室内着」を企画・製造・販売。 東京大学との産学連携事業「フィールアライナ」
東京大学との産学連携事業「フィールアライナ」
洋服感覚で着ることができる「うきうきエプロン」
洋服感覚で着ることができる「うきうきエプロン」
2004年 インターネットショップ「水着で元気工房うきうき屋」が開店。
2006年 高齢社会に向けて「エイジングファン」シリーズ(室内着・リラックスウエア)、お食事エプロンを発売開始。
2010年 イタリア競泳水着ブランド「Jaked」と 日本市場での独占輸入販売契約を締結。競泳界に参入。
高機能素材によるスクール水着「すまいるシリーズ」を企画・製造・販売。
韓国に現地法人を設立。
イタリアの競泳水着「Jaked」の展開開始
イタリアの競泳水着「Jaked」の展開開始
超はっ水、速乾、軽量を実現した最新スクール水着「すまいるスイムシリーズ」
超はっ水、速乾、軽量を実現した最新スクール水着「すまいるスイムシリーズ」
2011年 「Jaked」ブランドで金藤理絵選手と所属契約締結。
2012年 浮いて泳げる水着キット「クロールで25」発売。
「スーパー中学生ものづくりコラボレーション」企画をスタート。
浮いて泳げる水着キット「クロールで25」
浮いて泳げる水着キット「クロールで25」
2013年 墨田区の3M事業の一つである「小さな博物館」に「フットマークギャラリー」が認定される。 2013年小さな博物館に認定。「フットマークギャラリー」
2013年小さな博物館に認定。「フットマークギャラリー」
2016年 創業70周年を迎える。 創業70周年を迎える
創業70周年を記念し作られたロゴ。
2017年 カンボジアに現地販売法人を設立。
通学カバン「RAKUSACK(ラクサック)」を発売。
重さを感じさせない構造でできたRAKUSACK
重さを感じさせない構造でできたRAKUSACK
2018年 「Jaked」ブランドで後藤真由子選手と所属契約締結。  

お客様の声を活かして

CSR

お客様からいただいた貴重なご意見をもとに、さまざまな商品の改良や改善に取り組んでいます。

詳細ページへ

安心・安全への取り組み