うきうき会長の頭の中

喜ばせるのが好き


「どうしたらお客様を喜ばせることができるのか?」私の頭の中をいつも駆け巡っています。子どもの頃は学校から帰って近所の友だちと遊びに夢中でしたが、いつも新しい遊びを考えることが面白くて面白くて仕方がありませんでした。子どもの頃の癖が抜けきらないまま社会人になってしまいました。

水泳帽子をトランクにつめて新規開拓に全国各地をまわリましたが、訪問する先々でどうしたら取引先がお困りごとを話してくれるか?お会いする方の話に耳を澄ませて聞いていきました。「フットさん、次に来るときはあれを頼むね」「次はこういう情報がほしいから」。会社に帰ってすぐに要望する見本を作って郵送しました。“お客様は早く現物を見たい“ということが見えてきました。毎日、毎月、毎年、お客様が喜んでくださる笑顔を想像しながらワクワク・ドキドキしながら少しずつ積み重ねてきました。
お客様は新しい情報や商品・サービスにいちばん興味を示してくださるのです。時にはこちらから面白いアイデアをお見せすることでお客様が喜んでくださる姿を描いてきました。

私からしゃべることより、お客様が考えていることをイメージして具体的にお答えしていくことがお客様に喜んでいただけることだと思っています。お客様の要望にひとつひとつ誠実に答えていくことが何時しか信頼につながっていったように思います。私のこころの根底にあるのはいつも「人が先」です。

フットマークについて 人が好き
このページの先頭へ戻る